STORE

NEW 展示品

鶯白梅図 酒井抱一「日々を彩る名画展より」

商品説明
誰もが知る名画を、あなたの暮らしの中にも。

【鶯白梅図 酒井抱一「日々を彩る名画展より」】

【展示作品仕様】
◆作者:酒井抱一(1761-1828)
◆タイトル:鶯白梅図
◆制作年:19世紀初頭 
◆サイズ:W330mm×H900mm (作品サイズ)
◆用紙: Hahnemuhle Museum Etching
◆額:アルミフレーム×ゲタ付
◆所蔵:メトロポリタン美術館 

2020年3月にNine Gallery にて開催された「日々を彩る名画展〜ファインアートペーパーを楽しもう 」の展示作品です。

キヤノンの無料印刷素材サイト「Creative Park(クリエイティブパーク)」で紹介している世界の名画から一部に作品に合わせた色調整、額装をあしらい販売。誰もが知る世界の有名作家の作品を、「キヤノンインクジェットプリンタ」で高精細プリント。作品は全て「Creative Park」からインテリアとして楽しみやすい作品をセレクト。アートディレクターでナインギャラリー主宰でもある三村漢が、キヤノンが番組提供しているTBSテレビ「世界遺産」の広告でおなじみの名画印刷を実際に再現。作品に合うファインアート用紙での印刷、額装までを監修しました。

※展示作品のため、多少の傷などはご理解ください。
※受注生産品、サイズ変更をご希望の場合もお気軽にご相談ください。お見積もりをいたします。
作者説明
酒井 抱一(さかい ほういつ)
宝暦11年7月1日(1761年8月1日) - 文政11年11月29日(1829年1月4日))江戸時代後期の絵師、俳人。 権大僧都。本名は忠因(ただなお)

尾形光琳に私淑し琳派の雅な画風を、俳味を取り入れた詩情ある洒脱な画風に翻案し江戸琳派の祖となった。
価格
¥25,300
購入する