STORE

NEW 展示品

朝顔図屏風 鈴木其一「日々を彩る名画展より」

鈴木其一_朝顔図屏風_展示イメージ01
左隻
右隻
鈴木其一_朝顔図屏風_展示イメージ02
鈴木其一_朝顔図屏風_展示イメージ01
左隻
右隻
鈴木其一_朝顔図屏風_展示イメージ02
商品説明
誰もが知る名画を、あなたの暮らしの中にも。

【朝顔図屏風 鈴木其一「日々を彩る名画展より」】

【展示作品仕様】
◆作者:鈴木其一(1795-1858)
◆タイトル:朝顔図屏風
◆制作年:19世紀初頭
◆サイズ:W950mm×H450mm(作品サイズ)×2枚 
◆用紙:Canon Premium Fine Art Smooth
◆額:デザインフレーム(金)アクリル付
◆所蔵:メトロポリタン美術館

【作品解説】
金箔を背景に豊かな青と緑が鮮やかに表現されたこの作品では、空間や文脈を一切排除して、花と葉の増殖に集中している。右側の花は地面から立ち上がるように、左側の花は目に見えないトレリスに支えられているかのように流れ落ちるように、2つの動きに丁寧に編成されています。
織物職人として修行を積んだ紀伊津は、酒井法悦(1761~1828)に師事して絵画を学び、彼のもとで『光琳百図』(こうりんひゃくず)というリンパ画の古典的な作品をまとめた図版を作成した。これらの屏風、特に金箔の上に濃厚な岩絵の具で描かれた華麗な装飾効果には、テキスタイルデザインと林派の影響が顕著に表れている。

【商品について】
この商品は2020年3月にNine Gallery にて開催された「日々を彩る名画展〜ファインアートペーパーを楽しもう 」の展示作品です。

キヤノンの無料印刷素材サイト「Creative Park(クリエイティブパーク)」で紹介している世界の名画から一部に作品に合わせた色調整、額装をあしらい販売。誰もが知る世界の有名作家の作品を、「キヤノンインクジェットプリンタ」で高精細プリント。作品は全て「Creative Park」からインテリアとして楽しみやすい作品をセレクト。アートディレクターでナインギャラリー主宰でもある三村漢が、キヤノンが番組提供しているTBSテレビ「世界遺産」の広告でおなじみの名画印刷を実際に再現。作品に合うファインアート用紙での印刷、額装までを監修しました。
(日々を彩る名画展EXHIBITIONページ:https://ninegallery.com/exhibition/417)

※展示作品のため、多少の傷などはご理解ください。
※受注生産品、サイズ変更をご希望の場合もお気軽にご相談ください。お見積もりをいたします。
作者説明
鈴木 其一(すずき きいつ、男性、寛政7年(1795年) - 安政5年9月10日(1858年10月16日))
江戸時代後期の絵師。江戸琳派の祖・酒井抱一の弟子で、その最も著名な事実上の後継者である。
近代に通じる都会的洗練化と理知的な装飾性が際立ち、近代日本画の先駆的な絵師だと位置づけられる。
価格
¥88,000
購入する